歯医者の治療費用って?初診料金とは?歯科衛生士が全て教えます

や〜コ
ママ歯科衛生士のや〜コです。
今回は歯医者さんでかかる様々な治療費用の相場と初診料金について

歯医者の費用って歯医者さんによって違いのあるのかな?

同じ治療をしてくれるのなら安い歯医者の方がいいですか?

それとも高くてもしっかり治療してくれる所がいいですか?

実際に歯医者さんの費用には違いがあります。

同じ歯医者さんなのにどうして治療費が違うんでしょう?

気になりますよね。

それでは、実際にどんな風に歯医者の費用に違いが発生するのかお話していきますね!

初診料の違いは歯医者さんの違いじゃない

久しぶりに歯医者さんに行くと初めてじゃないのに初診料取られたことってなかったですか?

実は、「初診料」って初めて診察に来た人にかかる費用ではないんです。

や〜コ
初診料がかかるのはこの2パターンです。

  1. 歯科疾患管理料を払っていない場合は最後の来院から1か月経過しているとかかる
  2. 歯科疾患管理料を払っている場合は支払日から2ヶ月間来院しなかった場合かかる

という形になります。

だから、3か月ぶりとかに歯医者に行ったり、治療の途中で1ヶ月や2ヶ月治療を放置して久しぶりに歯医者に行くと初診料がかかってしまうのです。

これは決まってることなので

歯医者さん
サービスで無料にします!

ということは歯医者さんも出来ないんです。

だから、どうしてもさっき説明した期間を過ぎてしまうと初診料がかかってしまいます。

歯医者によって金額が違うのはなぜ?

初診料を払うのはわかりました!歯医者によってその金額が違うのはなぜ?


これは初診料が違うわけではく、治療の種類で金額が違うからです。

虫歯の治療なのか、歯石などのクリーニング程度だったのかによっても変わります。


どうしても初診料を払いたくない!


そんな方は、初診料を払いたくなかったら、治療が終わるまでしっかり歯医者に行く。

もしくは、2ヶ月に1回は歯石などのクリーニングをしてもらうなどをすることが初診料を払わないコツです。

同じ歯石の掃除、虫歯の治療でも金額が歯医者によって違うのはなぜ?

これは勘違いではなく実際に歯医者によって違います。

どうして治療費が変わるかというとそれはその歯医者さんの治療方法によります。

治療費の違いを軸に治療方法を分けると3つのパターンになります。

保険適応内治療、保険適応外治療、混合治療があります。

ただし、この混合治療は基本的に日本の健康保険制度は認められていない治療方法なんです。

でも、なんでこの治療が行われているのか?

これは患者さんが希望すると保険内診療から保険外診療に移行することができるからです。

ということは希望せずに移行しなければ歯医者さんの費用は変わらないということなんです。

だから、歯医者の治療費を安く済ませようと思ったら全て保険内治療でお願いするということになります。

歯医者さんにはいくら持っていく?各種治療費用の目安

歯医者さんにいくのが面倒だ。

って言う人すごく多いと思います。

歯医者さんに行きたくない理由はめんどくさくない以外にお金がどれくらいかかるかわからない。費用が高すぎると困るという理由もあるみたいです。

や〜コ
そこで大体の治療費の目安を紹介します。

※もちろん相場の目安ですので、多少の誤差は出ますのでご了承ください。

歯磨き指導300円~4,000円保険適応外治療
歯のクリーニング200円~4,000円保険適応内治療
ホワイトニング10,000円~50,000円保険適応外の為もっと高い所もあります
レントゲン150円~10,000円保険適応内も適応外も有
軽い虫歯治療2,000円~3,000円保険適応内治療
重度の虫歯治療3,000円~10,000円保険適応内治療
入れ歯治療5,000円~40,000円保険適応内治療
ブリッジ6,000円~20,000円保険適応内治療
歯科矯正100,000円~1,000,000円保険適応外の為もっと高い所もあります
歯の定期検診1,000円~3,000円保険適応内治療

ものすごく幅がありますよね!

この幅があるのは、歯の本数だったり、どんな治療をしなければならない、或いはどんな治療を歯医者さんが選ぶのか。

だったりと理由は様々です。

余程の重度の虫歯でない限りは治療方法は選択しがいくつもあるので、患者さんの予算に合わせて治療をしてくれます。

だから実はそれほど予算を大きく外れて治療されるということはありませんので安心して歯医者さんに行ってみて下さい。

歯医者さんの費用を最大限に減らす方法!

虫歯になってしまうと歯医者さんに行かないと大変な事はさっきの料金一覧でお判りいただいたと思います。

虫歯かな?どうかな?

と思う程度の軽い虫歯治療であれば2000円や3000円程度で終わります。

回数も1回や2回程度の治療で終わる事もあります。

虫歯が重度になってくると安くても3000円以上。

最悪の場合は10,000円もかかることだってあります。

歯医者さんに行きたくないからって歯医者に行かないままでいると逆にお金も凄くかかるし、健康にも悪いし、歯にも悪い。何もいいことないんです。

でもだからって歯医者さんの治療費に大きなお金はかけられない。

では歯医者さんの費用を下げるためにどうすればいいか?

や〜コ
一番は家での正しいブラッシングです。

毎日正しく歯磨きをすればほとんどの人は虫歯になりません。

でも、正しい歯磨きが出来ているか不安。

そんな方は近所の歯医者さんで安価で歯磨き指導をしてくれる歯医者さんを探しましょう。

歯磨き指導、安い。等で調べて歯医者さんに電話して歯磨き指導はどのくらいの料金ですか?

と聞くと教えてくれます。電話をかけるのが恥ずかしいと思う方もいるかもしれませんが、歯医者さんからするととてもうれしい電話がかかってきているので相手は喜んでいると思って気にせずかけましょう。

それに名前も年齢も何も教える必要がないので気軽に電話してみて下さい。

聞いた金額がさっきの料金一覧の相場感と変わらなければぜひ行ってみて下さい。

そのやり方を聞いて正しい歯磨きが出来れば虫歯にはなりにくいです。

次にやってほしいのは定期的な歯石のクリーニングです。

歯石をクリーニングすると歯もきれいになりますし、虫歯があれば見つけてくれるケースも多いです。

費用も安価で済むので定期的に歯をきれいに保ち虫歯にもならないので最終的に歯医者さんでかかる費用はかなり抑えられます。

この2つだけしっかりやってしまえば、虫歯になる可能性はかなり下がるのでお金もかなり抑えられます。

保険適応外のインプラントや歯列矯正の費用

歯並びをキレイにしたい。

そう思ってる人かなり多いと思います。

でもインプラントや歯列矯正は保険適応外の治療だから高くなるって誰でも知ってますよね?

100万円貯金出来たら行こう!

100万円も貯められないからインプラントはあきらめよう。

そう思っている人多いかもしれませんが、歯医者さんの高額治療は分割支払いができるところが非常に多いです。

しかも手数料が無料の分割ローンが出来たり、クレジットカードで毎月決済できるという歯医者さんもあります。

これは歯医者さんによって違うのでインプラントや歯列矯正をしたいけど、すぐにお金を一括で払えない!

と言う人はぜひ気になった歯医者さんに相談してみましょう。

今回のまとめ

いかがだったでしょうか?

歯医者さんの費用についてしっかり理解してもらえたかと思います。

当然ここで紹介した歯医者さんの費用は目安なので、当然それ以上かかってしまうこともあるかもしれません。

ただ、歯医者さんの治療費は歯医者さんと相談して予算内で行うことが可能です。

最近の歯医者さんは〇〇な治療は費用がこれくらいかかりますが、どうしますか?と丁寧に説明してくれるところがほとんどです。

だから上記の費用だけお財布に入れて持っていく様にすれば99%大丈夫です。

ぜひこの記事を参考にしてもらって、キレイな歯を保って健康でいて下さいね。

や〜コ
最後までお読みいただきありがとうございます。
広告